物件は住む目的だけがすべてではありません。経営という生産者側にまわれるのです。アパートではそれが可能です。

アパートの家賃について

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

NAVIGATION
アパートの家賃について

アパートを経営するという手段は良いのでしょうか。

物件は単純に住むためだけにあるものだと認識していませんか。確かに人が住むためには物件の存在なくしては語ることはできません。しかし土地を所有していれば経営者という生産者側にもまわれるのです。なのでお金の管理がしっかりしていて人の見る目がある人はそのような取り組みをされてみると面白いかもしれません。管理者側へまわることで土地に対しての愛着というものが増すかもしれません。

このような取り組みは一戸建てやマンションでは人数の関係上少し難しいのかもしれません。しかしアパートではそれが可能になります。アパートは基本的に横長物件で人数も程良いので経営者側になるにはもってつけの物件なのです。またふつう資格を取得していなければできない経営も自社ビルなどをアパートにすることで未経験でも可能になります。なので自由で気の向くまま土地を管理できます。しかし入居者を見極める能力というものが非常に大切です。しっかりと月々の家賃を払ってくれそうな人に住んでいただくようにしましょう。

たとえ経営者にまわったとしてもサービス精神旺盛でなければなりません。すべて入居者をたてるのではなく身近な取り組みは率先して行うようにしましょう。それが管理者というものなのです。

Copyright (C)2019アパートの家賃について.All rights reserved.