土地神話こそ崩れたものの、不動産投資は今でも有力な投資の形です。<br /><br />中古住宅などでリスクを抑え収益を確保しましょう

アパートの家賃について

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

NAVIGATION
アパートの家賃について

不動産投資は中古住宅から始めよう

日本は土地神話は崩壊しましたが、不動産は今でも有力な投資の形として投資の初心者でも手を出せる程度のリスクで開始できる投資です。

不動産投資は、情報収集能力の良しあしで儲かるか儲からないかが決まると言っても過言ではなく物件しだいという投資形態です。

それがあれば確実にもうかるといっても過言ではないと考えます。
主に建物や土地などの不動産を賃貸で貸し出して運用し、投資金を回収さらにその資金を増やすという事を目的としており、投資の難易度としてはミドルリスクミドルリターンの投資と言われます。
不動産投資と一口に言ってもアパート経営、不動産の投資信託、いろいろありますが、最初は中古住宅はいかがでしょうか?


中古住宅でしたら、例えば折角家を建てたのに転勤で引っ越しを余儀なくされ、その間のローンなどの負担を軽減するために人に貸すなど、わざわざそのために購入しなくても始められるという人も居られると思います。
他にも例えば3LDKの物件だったら3名にルームシェアして貸し出して、空室リスクを減らしたり、1件に貸すよりもその物件の収益率を上げるなど、工夫次第で回収率もアップすることができます。
もちろん一般的な投資の流行トレンドはありますが、今後、単身者の割合は増えると見込まれ、離婚率も増大し、平均の世帯人数もどんどん下がっています。
今よりも単身者向けの物件が増える可能性もあるので、シェアハウスにする。
逆に空いている状態なら、1家族に貸すなど投資のリスクを管理して回収をしつつ投資をしていきましょう。

Copyright (C)2019アパートの家賃について.All rights reserved.