土地や不動産を有効利用したいと考えているオーナーは多いが、オーナーサイドでの裁量がほとんどないことが問題。<br />

アパートの家賃について

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

NAVIGATION
アパートの家賃について

不動産で土地をどのように有効活用するのか

不動産を有効活用したいと考えている人は多い。
とくに眠っている土地を活用することは、固定資産税の負担を軽減するだけではなく、収益物件に早変わりするのだから土地所有者にとっては願ってもないことである。
それで、どのように活用するのかについてはいくつかの方法がある。
まず、自分で活用する方法。
これは、土地の上に看板を立てるとか、駐車場として利用するとか、比較的簡単な方法がそれに当たる。
場合によればアパートを建てたりマンションの賃貸も自分の裁量をかなり取り入れるなら、自分での活用になるのかもしれない。

しかし、同じ賃貸物件を建て貸しするにしても、すべて開発業者や不動産業者に任せるのなら自分で活用とは言い難い。

土地や不動産物件を他人による活用とは、テナントを張り付けてそこを相手に賃貸すること。
飲食関係の全国チェーンなら、道路づけと交通量や近隣の人口によってはすぐにも埋まることがあるかもしれない。
今はやりのコンビニもそのいい例である。
コンビニは商圏が500mとかで、本当に隣り同士でもなんとか両立している例もある。
良いテナントを引っ張ってくることが開発業者の務めであり、それこそがまさに有効活用の決め手でもある。

ただ、不動産物件や土地そのものの有効活用と言っても、失敗例も多くある。
それは、商圏の把握ミスであったり、近くに思わぬ強敵が出現したり、事業運営の失敗であったりと理由はさまざまである。
いちばん悲しいことは、有効利用とはいえ土地や不動産物件所有者の裁量が少ないことある。
それはせいぜいテナント賃料を考慮するぐらいであろうか。

Copyright (C)2019アパートの家賃について.All rights reserved.